赤身(AKAMI)

ビンチョウマグロの握り寿司の画像
鬢長鮪の握り

鬢長鮪の握り

【握り寿司: 赤身】和名は、ビンナガ。ビンナガマグロとも呼ぶ。マグロ類の中でも最も小型で体長は1.2メートルほど、体重は40㎏位になります。ビンナガは世界中の温暖海域に分布する。加工品としての消費が多く、ツナ缶詰の材料として食されてきた大衆的なマグロです。市場ではビンナガの長い胸ビレをトンボの長い羽根に見立てて「トンボ」と呼ぶ人が多い。

分類:スズキ目サバ科マグロ属
学名:Thunnus alalunga
地方名:ビナガ(宮城県)、ビンナガマグロ、ビンチョウ(宮城県)、カンタロウ(三重県)、カンタ、カスシビ(三重県)、トンボ、トンボシビ(関西、高知県串本)ビンチョウ、ビンナガ、トンボ(室戸岬)、ヒレナガ(福岡県、富山県)、ハニシビ(沖縄県)、トンビ(銚子)、ビンチョ(室戸岬)、シビ

主産地

高知 宮崎 三重 静岡