貝類(KAIRUI)

帆立貝の握り寿司の画像
帆立貝

帆立貝

すしネタに使うには、帆立貝の貝柱の部分。噴火湾や陸奥湾で行われる耳吊り養殖と、オホーツク沿岸の天然物に大別される。天然物は冷たい北の海でも揉まれ、強烈な甘みと柔らかな食感が特徴だ。貝柱の厚みが増し、甘みのピークを迎える初夏が食べどきだ。

大粒の物ほど美味しい。江戸前寿司では、醤油、みりん、砂糖でさっと煮上げたものを切り分けたり、軽くつぶして握るものもある。

分類:イタヤガイ科
学名:Mizuhopecten yessoensis
地方名:アキタガイ、オオギガイ、ウミオオギ、イタラガイ
由来:片方の殻を船にし、もう片方を帆のように立てて、泳ぐと信じられていたことから付いた。

主産地

北海道 青森 宮城

名産地

野付

初夏 冬