白身(SHIROMI)

カンパチの握り寿司の画像
勘八(間八)

勘八(間八)

カンパチ(勘八)は幼魚の時に、上から頭部を見ると、「八」の漢字のような模様があるので、間八の名が付いた。成魚になるとその模様は消える。大きいものでは体長2m (約70kg)にもなるが、2~3kgのものが美味とされる。体の形はブリに似ていて、淡い黄色の線が体側中央にある。日本海側は青森から九州にかけて、太平洋側は東北の金華山沖から南の海域を回遊している。

淡いピンクの身は歯切れの良いサクサクとした食感だ。そして身から染み出る旨みたっぷりの脂にはさわやかな甘さを感じる。獲れたてよりも熟成期間をおいてからの方がより旨みが増す。高級なブリの仲間で最も上等とされる魚だ。養殖ものが多く、旬の天然物に出会えたら、迷わず握ってもらいたい。

分類:スズキ目アジ科ブリ属
学名:Seriola dumerili
地方名:アカイオ(北陸地方)、アカバネ、アカハネ、アカハナ(高知県、九州地方、関西地方)、カンパ(東京都)、アカバラ(鹿児島県)、ショッコ(20cmぐらいの幼魚:東京都)、シオゴ、ハマチ(幼魚:高知県)、ヒラソ(鳥取県)、シオ
魚名の由来:頭部にある模様が、漢字の「八」の字に見えることから付いたとされる。

主産地

鹿児島 宮崎 和歌山 千葉

名産地

佐賀関(さがのせき) 伊豆諸島

初夏~夏