白身(SHIROMI)

マコガレイの握り寿司の画像
真子鰈

真子鰈

北海道から九州の内湾の浅場に生息する。毎年3~4月、hirameから脂が抜けてスカスカとなった頃、出番を迎える。特に、評価が高いのは、東京湾産である。大きくなってもせいぜい1kg前後と他の産地と比べて小型なのに、味に深い旨みがある。

一晩から二日ぐらい寝かしたその身はしっとりとやわらかく、上品な甘さが噛みしめるほどにじわじわと押し寄せてくる。透明感のある白さときよらかな見た目がいかにも夏らしいネタだ。赤身とは違って、奥深さと粋を存分に感じられるネタだ。

分類:カレイ目カレイ科ツノガレイ属
学名:Pleuronectes yokohamae
地方名:クチボソ(日本海側)アマテ(岡山県、広島県、山口県、愛媛県)、クチボソ(福井県、富山県、鳥取県、島根県、広島県、山口県)、シロシタガレイ、マコ(東京都)、モガレイ(愛知県、静岡県)、アオメ(宮城県、福島県、京都府)、ムシビラメ(福島県小名浜)、アマカレイ(兵庫県明石)、オカガレ(富山県)、カシラクロ(青森県)
魚名の由来:不明

主産地

東京湾 瀬戸内海

名産地

日地(ひじ) 富津