エビ・カニ

バナメイエビの握り寿司の画像
バナメイエビの握り

バナメイエビの握り

【握り寿司: エビ・カニ】1尾15~18gの小型の海老である。成長が早く、養殖の効率がよいのと、ブラックタイガーより姿がやさしく、店頭の見栄えがよいことから、急速に養殖が増えている。茹でると赤くなり、甘みと歯ごたえは、車海老、ブラックタイガー と遜色ないと言われる。一旦茹でて真っ赤になった状態で冷凍したものも販売されています。生きている時は真っ黒ですが、鮮度が落ちてくると真っ白になるので、鮮度を見分けるのは簡単だ。回転寿司で単に海老と言えば、本種のことである。

すしネタに使うと、色が白っぽくて、ペラペラな感じですので、直ぐに安価なエビと感じる。残念ながらバナメイエビは海老の風味に欠けます。でも海老がない海鮮丼や握りセットはちょっと寂しい感じなります。回転寿司でも2貫100円の価格は、バナメイエビがないと実現できません。でも2貫で原価が35円前後しかしないので、店も儲かる、素晴らしいネタです。

分類:十脚目クルマエビ科クルマエビ属
学名:Litopenaeus vannamei
地方名:シロアシエビ
由来:学名からその名をとった。

主産地

タイ インドネシア ベトナム 中国

通年