いか・たこ

墨烏賊の握り寿司の画像
墨烏賊

墨烏賊

スミイカは関東以西、東シナ海や南シナ海の砂泥の底近くに生息する名の由来は大量に墨を吐くことからきている。正式名称はコウイカだが、スミイカの方が通りがいい。胴長は16cmになる。産卵期は2~4月で、内湾に集まり、海藻などに卵を産み付ける。寿命は1年。イカは貝から進化した生き物だ。コウイカ類は貝殻の名残り「甲羅状の骨」を体の中に持っているので、コウイカという。

烏賊の仲間で最も身がやわらかく、歯切れがいい。スダチをきかせて、塩で頂けば、濃厚な甘みが口の中に広がる一品だ。

スミイカは、良質なタンパク質に富む。グリシン、アラニン、プロリンなどのアミノ酸を多く含み、甘みを構成する。たんぱく質は非常に消化吸収が良く、けがの回復期にある患者などにも勧められる。またコレステロールを排泄する胆汁酸の分泌、肝臓の解毒作用を促進するとされるタウリンを豊富に含有する。イカスミには防腐効果がある。

分類:コウイカ目コウイカ科S
学名:Sepia esculenta
地方名:ハリイカ、マイカ
由来:捕まえた時に、大量に墨を吐くことから、その名が付いた。

主産地

瀬戸内海 三河湾 九州

名産地

出水 富津

秋~春