いか・たこ

障泥烏賊の握り寿司の画像
障泥烏賊

障泥烏賊

障泥烏賊は、北海道南部以南、インド洋、西大西洋の温帯や熱帯の沿岸から近海に分布する。胴長は35cm以上になる。エンペラ(ひれ)が胴の全長に及ぶ点はコウイカ類に似るが、コウイカ類特有の石灰質の甲を持たない。4~6月ごろ、産卵のため岸近くの藻場に来遊する。「ばしょういか」、「みずいか」など多くの地方名がある。

透明な身が美しく、肉質は柔らかいが弾力に富み、さらりとした甘みがある。甘みを感じるアミノ酸のグリシンなどの量がイカの中で最も多く、科学的に美味しいことが立証されている。漁獲量が少なく、高級すしネタの一つ。活け締め後、半日から1日半熟成させたものがより旨みが出るとされる。寿司ネタとしては2kg前後のサイズのものが最良とされる。見た目より固いイカの身に隠し包丁を施し、食べやすさと甘みを高める工夫はすし職人の腕の見せ所だ。塩とすだちで提供されることが多い。

分類:ツツイカ目ジンドウイカ科
学名:Sepioteuthis lessoniana
地方名:クツイカ(富山県)、ミズイカ(四国地方、瀬戸内地方、九州地方)、バショウイカ、モイカ、シロイカ(沖縄県)
由来:障泥とは、泥をよけるための馬具のこと。鞍の下に掛ける布のことで、烏賊のエンペラが似ていることから、この名が付いた。

主産地

千葉 愛知

名産地

佐島

春~夏