エビ・カニ

シラエビの握り寿司の画像
白海老

白海老

シラエビは、体長6~8cmの浮遊性の海老で、体は側扁*し横から押さえたように平たい。体表は滑らかで、淡い珊瑚色をしている。生きている時は透明感があるが、死ぬと不透明な乳白色になる。昼間は水深150~300mの海中を浮遊しているが、夜になると水深100m以内の浅い所に浮上し、明け方になると深みに戻る。富山湾に、藍瓶**と呼ばれる海底谷があり、そこに白エビが集まっているため、日本で唯一シラエビの漁が行われている。漁期間は4月から11月。富山県の特産として知られ、産地ではシロエビと呼ぶのが一般的。

シラエビは鮮度落ちが早いため、かつては富山湾周辺の産地でしか生鮮品は食べられないものだった。近年は流通の発達などにより遠く離れた市場でも入手できるようになっている。市場には殻付きとむき身の状態で入荷し、殻付きは唐揚げなどに使い、むき身は刺身や寿司に使う。最近、関東の高級寿司店などでも握り寿司にする。

鮮度のいいものは、シャリになじむ柔らかさとほのかな大人の甘み、繊細な味わいが特徴だ。昆布締めにして握ると甘みが際立ち極上の一品となる。軍艦巻きもいいが、できればシャリの上に直接載せた握り寿司を食べたい。

*側扁(そくへん):魚類の体形が、体の左右から押しつぶしたように平たいこと。タイやアジなどにみられる体形。

**藍瓶(あいがめ):海底谷が迫り、岸から急に深くなっている所は、海の青さが一段と濃く、深い藍(あい)色をしている。 その色から「あいがめ(藍瓶)」と呼ばれ、シラエビやバイ貝、ベニズワイガニなどの格好の住み家となっている。

分類:十脚目オキエビ科シラエビ属
学名:Pasiphaea japonica
地方名:ベッコウエビ、サクラエビ、ヒラタエビ
由来:体色が白いことから、その名が付いた。

主産地

富山

名産地

富山

5月