光り物(HIKARIMONO)

秋刀魚の握り寿司の画像
秋刀魚

秋刀魚

江戸前寿司の伝統ではサンマの握りは邪道とされたが、今では全国的に見かけるようになった。脂ののった秋の生サンマは、ネタに飾り包丁を入れ、おろし生姜と青ネギを添えて食べると格別だ。

実は握りで食べるには脂があまり乗ってこない方がいい。よって本来の旬は、秋だが、すしネタとしては漁が解禁となった直後の夏場に、北海道で揚がったものが良いとされる。

秋刀魚にはペンネラという寄生虫が表皮に付くことがある。人体には影響ないようだが、これが別名「ひじき虫」と言われるように、黒い紐のようでグロテスクだ。秋刀魚には貴婦人のような美しさがあるだけに、ボロをまとったようなペンネラは不似合いである。

分類:ダツ目サンマ科サンマ属
学名:Cololabis saira
地方名:サイラ、サエラ(関西地方、南紀地方、高知県、長崎県、鹿児島県)、カド(三重県)、サヨリ(富山県、石川県、和歌山県)、サヨラ(京都府)、セイラ(長崎県壱岐)、バンジョ(新潟県佐渡)、サザ、マルカド
魚名の由来:体の細さ「狭真魚(さまな)」と表したことからきている。

主産地

北海道 岩手 宮城

名産地

宮古 釧路 石巻 厚岸